ロゴ 一般社団法人 日本キャラベニスト協会 JAPAN kyarabenist association

home > 基本理念

基本理念

日本キャラベニスト協会は、
お弁当・キャラフードのさらなる発展を目指し設立されました。
キャラベニスト・お弁当インストラクター・キャラベニストマスターの認定を行うことにより、
お弁当・キャラフードを仕事に使用したい方を支援します。

「笑顔が生まれる楽しいごはん」をモットーに、食べる人に喜ばれるお弁当や
キャラフード作り、旬や年中行事を取り入れた料理をたくさんの方に楽しんで
いただきたいと考え活動していきます。


お弁当学マスター認定講座

お弁当作りに対し高い意識を持つキャラベニストを育成するための通信講座です。
以下の考えのもと構成されています。

お弁当作りを正しく理解し、食事としての役割を見直します

栄養バランスを考え、色合い・味付けのメリハリを考えたメニューの組み立てを学びます。
ひとつのお弁当箱に数品詰める、保管の時間・環境が様々…などの観点から
お弁当作りを正しく理解します。
お弁当の衛生学を学び、お弁当を食中毒から守るための知識を身につけます。

お弁当のメニューのバレエーションを広げ、お弁当の楽しみを増やします

主食となるごはん、パン、麺の特徴、おかずを詰めるためのポイントを学び、
お弁当メニューのバリエーションを広げます。
見栄えを変化させることにより、お弁当を作る楽しみ・食べる楽しみを増やします。
お弁当箱の素材の特徴や、新しい機能付き弁当箱などを理解し、用途やメニューに合った
お弁当箱を選べるようになります。

お弁当文化を次世代につないでいきます

日本人とお弁当の古い歴史や文化に関する理解を深め、お弁当を次世代に伝えていきます。
お料理が苦手な方や子どもたちにも、お弁当作りの要点をわかりやすく伝えるための知識を身につけます。
お弁当作りに「旬」や「郷土料理」「行事食」などを取り入れることを意識します。

キャラ弁の衛生面・栄養面に対するマイナスイメージの払拭

食品衛生・栄養の基本を正しく理解し、
お弁当作りに対して高い意識を持つキャラベニストを育成します。
調理方法や手順の工夫をし、「美味しそう」が大前提のバランスが整ったレシピを発信する
ことで、より多くの方にキャラ弁に興味を持っていただきたいと考えます。

キャラ弁をきっかけに「食事」「料理」への興味・関心・意欲を高めます

キャラクターというあしらいがあるからこそ、
料理が苦手でも「作ってみたい」と興味を持つ方がいます。
華やかさがあり、子どもから大人まで楽しく作れるので根強い人気があります。
お弁当・キャラフードを毎日の「食事」の中に自分の好みに合わせて取り入れて、
「食事」「料理」がもっと楽しくなるようにご提案させていただきます。